0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

category :十三 OCS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教える難しさ。   byカントク

そう結局は保持力なのさ・・・

今日はクライミング布教活動の一環でジムにお客様を二人ほど連れてった

@LADY

やはり体の使い方・足の使い方これはある程度登れてからじゃないと理解しがたいのだろう

自分も初心者の頃は意味わからんかったし

が楽しんでもらえたならそれは次につながるんだろうな(^^)v

110529_163859.jpg
(本人の了承を得てます)

110529_173602.jpg
(本人の了承を得てます)


男教えてるより女性教えてる方が華があっておもろいしw

あと飲み会okらしいです( ^^) _U~~

にしても今日のジムは人多かったなぁ

さぁ明日からトレーニングがんばルンバ\(~o~)/

ハーレムな監督☆

そう、、この日監督は美女姉さま二名とともに出勤をしてきた。


監督 「さあ、今日は君たちにクライミングのいろはを教えようではないか。」

姉さまA 「はい!監督!!」

姉さまB 「監督の直々指導なんて‥‥‥涙が出ちゃう。」


そのやり取りに指をくわえて見ていたteam omaru一同(リーダー、タカツナ、ブロンズ、カッシー、Mチェック、ナカジ)
※モンスコを除く


監督 「クライミングはね、足なんだよ。」

姉さまA 「監督‥‥こ、こ、こんな感じでしょうか?」

監督 「違う!!もっと深く、そうもっと深くだ!!」

姉さまA 「あ、あたし、出来ません!!」

監督 「バカヤロー!!

「出来ないと思った瞬間から、完登への道のりは断たれるのだよ。」

姉さまA 「監督!もう一度やらせて下さい!!」

監督 「よし!よく言った!!さあ次はもっと深くするんだ!!」

姉さまA 「んん、あぁ。。」

監督 「そうだ!!もっと!もっとだ! もっと深くキョンを入れるんだ!」

姉さまA 「監督‥あたし出来ました。」

監督 「やれば出来るじゃないか!」

姉さまA 「監督がいなきゃ。あたしあきらめていました。」

監督 「違う!君のその華麗なキョンが完登させたのだよ。」


そんなやり取りをヨダレを垂らしながら見ていたteam omaru一同(リーダー、タカツナ、ブロンズ、カッシー、Mチェック、ナカジ)
※モンスコを除く


監督 「汗もかいた事だ、飯でもいくか!」

姉さまA.B 「はい監督!!」


そして監督らはOCSを後にした。

まさにハーレムであった、、

監督のクライミングへの熱き教育に感動し、底知れない男だとそこに居合わせた人間は思ったという。

だか、今日の一日は監督の日常にとって、氷山の一角にすぎない事を忘れてはならないだろう。

明日もまた監督の日常はやってくる。

かりんとう by Mチェック

かりんとうっておいしいよね
でもそんな指にはなりたくないよね
悲しいかな そんな指の人がいるんです モンスコさんです!クライミング暦からすると早すぎる指のかりんとう化!登り過ぎじゃないですか?
しかし、それを指摘すると、「ナカジも顔かりんとうみたいな色してるやん。」とお互いけなし合う二人はおいといて
今日は、ナカジ、タカツナ氏、モンスコ氏、エイトマン、パンプマン、オレとでセッション!!
あ、カントクもいたな
程よいマンスリー紺テープ課題を一撃し、ドヤ顔のオレ、そしてなんか最近保持力が弱り気味のモンスコ氏は登れず。
ナカジ二撃!、パンプマンゴールとってめちゃ吼えて落ち!!そのあと登る
でタカツナ氏作の緑テープマンスリー課題をみんなでセッション
遠い横っ飛びランジが核心なので苦手系と思ったが、何回かムーブ練習をしたらとまったので、下から
何回かランジで落ちたが、ランジが止まったトライで完登!初登いただきました!!2級から1級ぐらいかな
なかなか面白かった
みんながなかなか嵌ってるのでしめしめと思いながらMYプロジェクト!!フクベの冬の火(三段/四段)を想定した為、激悪カチ課題に
まったくできず敗退したので、タカツナ氏に課題をねだる
できた課題を一撃して、気持ちよくOSCをあとにする

土曜日は久々に外岩にはいけないみんな頑張ってきてください
かりんとうになるのを避けるには清く正しく生きることやとオモッタ今日この頃でした
ほな 

彼の名はIKE JUN

あれ、このタイトル、某ブログで聞いたような?…まあいいか…
3月30日、IKEJUNが転勤前最後のOCS登りっつーことで、彼とタカツナ、モンスコ、カッシー、ハラさん、ジローさん、エイトマンでセッション!!
最後のエイトマン設定課題ではIKEJUNが唯一人ゴール直下まで迫る!!
やっぱつえーわ!
いつも思うのは仲間がいるから強くなれるってこと。
セッションで負けて悔しくて発奮したり、相手の強いところを取り入れようと練習したり、一緒にムーヴを考えたり…
IKEJUNは圧倒的パワーと体幹の強さがあって、どうしたらあんな風な強さが手に入れられるだろうと考え、体幹トレーニングを取り入れてみたりして、彼に出会ってから自分自身強くなれた気がする。
次に会う時にはIKEJUNはきっと、もっと強くなっている…だからオレらももっと強くならなきゃね!
ガンバ!IKEJUN!

written by 8MAN

ポッケ by カントク

こんにちワン。

どうも

昨日はジムダリングでリフレッシュするつもりが


人間調子にのるとだめだな

そうポッケが強いとか調子に乗る行為

その自信からupなしでポッケ課題にtryし

一本指からランジのとこで

パキるとゆう愚かさ(._.)


しかも1try目


やはり体重重いと指が悲鳴を上げている

ダイエットしてるのに体重が増えていく謎


あぁ無情・・・


プロフィール

TeamOmaru

Author:TeamOmaru
岩が好き

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。